上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢は、幻想なんかじゃなく第2の世界だと考えている。

僕たちは目や耳、触感など五感を使って、まわりのもの、ひと、あらすじなどを理解している。それらは視覚や触覚に変換されて、私の脳の中にインプットされている。私がこのPCの画面を見るのも、キーボードを叩くのも、知り合いと会話するのも、スポーツをするのも何にしても、感じ取って知覚情報に変換し、脳―深層の私―へと伝達する、このようなプロセスとなっている。

私が見る夢も、同じようなプロセスとなっている。夢は、流れゆく景色と、移ろいゆく感触で構成されている。音はないのかというと、あるにはあるのだが、これは聴いたというより、触覚により音波を感じたのではないかと思われる。夢の中における視覚は、自身の眼球からにとどまらず、自身を見下ろすような視点、相手から見た視点、地面の中から見た視点といった、現実世界よりも要領よく知覚情報を得ている。触覚は、目覚めた後では何を感じたかは不明瞭だが、夢の中では何かを感じていた事だけは覚えている。また、喜びや恐怖などの感情も夢の中で感じ、これは目覚めた後でも覚えていることが多い。

つまり、私が寝ているときにみる夢は、決して空想などではない。現在の世界とは異なる、別の世界へアクセスしているのだと、私は考える。



とか言って必死に駅を探索したり熱弁したり陵辱したり殺されたりする夢を見ました。このへんの考えはもうちょっとまとめてみたいかもです。
スポンサーサイト
砂が白、空真っ暗のかなりモノクロな砂漠で、かぼちゃを求めてひたすらさまよってた

朝目覚めてよく考えたら実話(ゲーム内)だった

つら
おそらくとてつもないショックな出来事が起きて、世の中何もかも嫌になって、気づいたら屋上の柵の外にいた。うつむくと、まるでスカイツリーから見下ろしたかのような、真上から見下ろす街並み。ここで降りたらどれほど楽になるかと考え、飛び降りた。

ところが身体が真横になった瞬間、目の前が雲で覆われ、落下を包み込むように止められた。ふと見渡すと屋上の高さに、妙に形のくっきりした雲が一面に広がっていた。そして体を包む雲はとても心地よく、さっきまで感じていた嫌悪感などとうに忘れて(マジで)、そもまま身をゆだねきってしまった。


目が覚めるとお布団につっぷしていました。おわり。
プラズマウィスプ
まずは"プラズマウィスプ"


2012.7.22.08:45 程...
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大学帰り.いつも通る正門.....あるはずのない駐車場.その時、夢だとは気付かなかった(いつもそうだが).地元に住んでいる母や家族が車で迎えに来てくれた.あれこれ複雑な相談をした後、誰かを待ち伏せして...気付かれて、自転車で逃げ回ってるうちに...そのうち.........

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というおぼろげな夢を見て目覚めた.

 大学生になって早3ヶ月.講義や課題やサークルにも慣れ、少しづつだが友達も出来ている.しかし生活リズムは目に見える程、悪くなっていよる.まず、ゴハン食べた後って、眠くなるでしょー?んでウチのアパートちゃぶ台に座布団だからすぐにゴロンって横になれるんだよ.そしたら気付いたらもう昼ゴハンの時間だ~ってなっちゃうのアハハ(笑いごとではない).それと栄養バランスも心配.いや、毎日ちゃんと朝ご飯食べてるよ?簡単な野菜炒めとかもつくって野菜もとってある.ただ、料理のバリエーションやボリュームが微妙で...物足りな~い感じ.

 そんなこんなでキャンパスライフを充実(笑)してる青カマキリです.まだ元気ですよ~ノン


(せっかく作ったゲームをアップしたかったのにここじゃ出来ない身体でゴザル!ヌオォォォォ)
今日はサークルの企画による合同ハイキングに行った。原宿集合、代々木公園で軽いゲーム。雨にさらされて歩いて渋谷をさまよい飲み屋で二次会。先輩に心配(されてるようで)されながら渋谷駅に向かい、到着、新宿駅で乗り換えるところまではよかった。だが睡魔に邪魔され目的駅を通りすぎおった。終電もなくなったので歩いている。0:00に歩いて、まだ着きそうにない。

今日は本当に愉快で後悔溢れる、非日常な一日だょ
copyright © この日こんなことを all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。